カテゴリー▼

Handmade Walea

ママが笑顔になる育児アイテム⸝⋆

  • 取材ストーリー
  • 作品一覧
  • レビュー

男の子ママのアイデア

作品を作るときのポイントは、まず”男の子”が使うことを前提に、『壊れにくいこと』や『汚れや傷のつきにくいこと』にこだわって作られています。
もみの木カメラの生地の部分や、ロゼットのボタンには「ラミネート加工」が施されています。使っていくうちに『めくれやほつれ』『汚れや傷』などがでにくいようにと、作品に一手間加え丈夫なものを作るように心がけておられます。
長く使ってもらいたいとの想いで、改良を重ねられ、また3人の男の子ママだからこそのアイデアで生まれた作品が魅力です。

ママが笑顔になるために

赤ちゃんに安心安全な素材を使用し、お子さまだけではなく、ママも笑顔になれるような可愛く”キュン”とする作品作りを目指されています。
ご自身が持病によるハンディキャップから育児に苦戦し、悩むことも多かったそうです。そんな経験から同じように子育てに奮闘しているママさん達の為に”ハンドメイド”を通して何か役に立てればと思い、作家活動に取り組まれています。
ママの『やすらぎの場』『息抜きの場』になってもらえれたら嬉しいと、ワークショップやレッスンも開催されています。

作家になったきっかけ

もともと「ものづくり」が好きで、長男が産まれてから様々なコスチュームを作ったり、お祝い事やイベント事には壁アートなどの作成をしていました
次男が産まれてからは、長男とは違ったものを作ってあげたいなと思っていた頃に『tiny teeth』という歯固めのおもちゃに出会い、認定講師の資格を取りました。それをきっかけに”ハンドメイド”の楽しさを知り、『hikoロゼット』『もみの木カメラ』の認定講師の資格も取り、販売・レッスンを開催するようになりました

レビュー 全0

まだレビューはありません

作家

Handmade Walea


男の子(5.3.0歳)のママ 𓅹